【日ハム】ファイターズイケメンランキング2019

昨年3位という成績でシーズンを終えた日ハム。チームとしては好調を維持していますし、2019年のシーズンも好調を維持しています。そんな日ハムにはどんなイケメン選手が存在しているのか?

ここでは、日ハムのイケメン選手をランキング形式で紹介していますので、ぜひ、ご覧になってください!

ランキングは独自で決めたものです。

日ハムイケメンランキング2019

10位 飯山裕志

出典:週刊ベースボールONLINE

2軍の内野守備コーチを務めている飯山さんは現役ではないものの、イケメンコーチとして日ハムを陰ながら支えてくれている存在。あごヒゲが非常に似合う方でもあり、爽やか系というよりも「ダンディなおじさま」という雰囲気を醸し出している。

現役時代からコーチまで日ハム一筋ですし、このまま日ハムのイケメン枠として日ハムにい続けて欲しい。選手としてではなく、コーチとしてどのように若手を育成していくのか。今後の飯山コーチにも期待です。

9位 鍵谷陽平

出典:週刊ベースボールONLINE

日ハムの中継ぎとして頭角を現し始めたかと思いきや、昨年は投球回数も減りパッとしない成績で終わってしまった鍵谷選手。怪我に悩み苦しむ2018年になってしまいましたが、結果を残した年もあるので、その実力を出し切ってもらうことに、まだまだ期待できる選手でもありますが、怪我が今後どのような影響を及ぼすかが未知数。

選手として少し低迷していますが、イケメンということに関しては全く衰えない選手でもあります。メガネをかけている姿は野球をしている時の姿とのギャップがあるので、さらにイケメン度が増している。日ハムのイケメンとしては確立したポジションについているので、選手として(中継ぎとして)も活躍して欲しいところです。

8位 田中瑛斗

出典:週刊ベースボールONLINE

まず、名前がイケメン。「瑛斗」という感じがかっこいいですし、読み方も「えいと」とかっこよすぎる。そして顔もイケメンとくれば日ハム女子は放っておかないでしょう。幼さが残るルックスはかわいい系のイケメン男子と言えますね。

まだ1軍での登板がない選手ですが、今後に期待できる選手ですし、日ハムという育成力に優れたチームに入団したことで、今後覚醒する可能性もあるので目が離せない選手の1人。

7位 高山優希

出典:SPORTS BULL

まだ井軍での登板がない高山選手ですが、イケメンとして話題になっている選手でもあります。ジャニーズのメンバーにでもいるかのようなかルックスですし、爽やか系、かわいい系を兼ね備えたイケメン。

まだまだ発展途上の選手なので、選手としては見守っていくしかありませんが日ハムのイケメンとしては、即戦力間違いなしなので、女子のファン層を獲得するためには必要な選手でもあります。

ただの客寄せではなく、選手としても活躍して欲しいところですが、今のところじっくりと成長を見守るしかありません。

6位 中島卓也

出典:Number Web

日ハムの不動のショートで足を生かした野球を見せてくれる中島選手。足を生かした野球をしてくれるので、魅せる野球でファンを楽しませてくれる。昨年、盗塁が29とまずまずの成績を残していますし、中島選手の持ち味をしっかりと出せた年でもあるかと思います。

そんな中島選手は日ハム選手の中でもイケメンとして知られています。なぜイケメンなのかを一言で言うと”清潔感がある”と言えばいいでしょうか。見た目だけで判断すると、誠実そうで真面目といった印象のイケメン。完全に見た目だけで判断していますが、それだけ清潔感がある選手ですし、野球臭さと言うものを感じさせない。

これからも、繊細なプレイで相手をかき乱す野球に期待したい。

5位 ジャスティン・ハンコック

出典;日刊スポーツ

2019年から助っ人外国人として日ハムに入団したジャスティン・ハンコック選手。アメリカ人らしいイケメンさがあり、クリッとしたかわいい瞳が印象的。

選手としては未知数な選手なので、即戦力になるかはわかりませんが、メジャーでの経験があるので期待が寄せられている。主に3Aでプレイしていたので、バリバリのメジャリーガーではないですが、日本で活躍できるのか。選手として、日本でプレイすることについてなど、本当に未知数な選手なので、まだ何もと言えない。

しかし、外国人選手としてイケメンなことに間違いないですし、日ハムの外国人選手として愛される可能性が高い選手。今後、どのような活躍を見せてくれるのかわからないので、目が離せない。

4位 西川遥輝

出典:朝日新聞デジタル

日ハムのイケメンといえばこの人!と言う人も少なく無いでしょう。西川選手は日ハムのイケメン選手としてずっと君臨している選手でもあり、日ハムの第一線で活躍している選手。

昨年、自身初の二桁本塁打を記録しましたし、プロ野球選手として華奢な体から「そこまで飛ばすか」と思わせる飛距離のホームランを見せつける場面もありました。そのパワーがありながら盗塁44ですからね・・・。西川選手は良い意味で怖い選手です。

日ハムの1番打者として活躍し続けている西川選手。欲を言えば安定的に3割を打てる打者になれば、かなり強力な選手になりますし、日ハムにとって大きな武器になることは間違いないですね。(現在の状態でも十分武器になっていますが)

今年で27歳と若い選手でもありますので、今後の伸び代に期待できるところも恐ろしい。日ハムには西川選手を大切に育てて欲しいですし、イケメン選手として1軍に常に顔を見せて欲しいですね。

3位 吉田輝星

出典:アットエス

関連記事:【日ハム】吉田輝星が太った!?画像で比較してみた

昨年の熱の甲子園を沸かせた選手。イケメン選手としても話題になりましたし、綺麗な投球フォームが印象的でもあります。吉田選手を中心に金農フィーバーが巻き起こったことは、今でも忘れられないことです。

ただ、騒がれてるだけでなく、実力もありイケメン。これは、女性ファンのみならず男性も注目しますし、大型新人として日ハムにとって話題のタネにもなっています。

少し騒がれすぎな感じもしますが、日ハムの育成力でどのような選手になっていくのか、それとも1年目で活躍すrのか、いろんなことを期待してしまう選手でもあるので、今年の新人の中でも動向が注目されることは間違いないでしょう。

大阪桐蔭組に負けない活躍を見せて欲しいですね!

2位 上沢直之

出典;週刊ベースボールONLINE

昨年11勝する大活躍をした上沢選手。この活躍は日ハムにとって大きな出来事ですし、今年もすでに2勝する活躍を見せてくれているので、2年連続二桁勝利も見えている。大谷選手が抜けた後のエースとして穴埋めが期待できますし、まだ若いこともあり今後の伸び代にも期待大。

そんな上沢選手は活躍しただけではなく、イケメン選手としても注目されている。11勝しただけでも十分イケメンなのですが、それに加えてルックスもイケメンということで日ハム女子から注目されています。

可愛らしいルックスを持ち、癒し系の雰囲気もあるので、男らしさというよりも可愛らしさが際立つイケメン。日ハムの癒し系エースとしてこれからも活躍し続けて欲しい。

1位 斎藤佑樹

出典:Sportiva

日ハムのイケメンといえばこの人ではないでしょうか。賛否両論が多い選手でもある斎藤佑樹選手は、日ハムに入団してからこれといった活躍を見せてはいないものの、イケメンさは高校時代から変わらない。

活躍できていないですが、斎藤佑樹選手が登板するとなると、何かと注目されますし、注目度が高い選手として人気があるのかもしれません。「人気取り」「客寄せ要員」などいろんな批判はありますが、プロ野球選手として1軍、2軍を行ったり来たりできるだけでもすごい選手だと思います。しかし、期待が大きかった分、裏切られた感が強い選手でもありますね。

もう30歳を超えましたが、遅咲きする可能性に期待するしかないですね。イケメン要員としてはNO,1です!

関連記事:【日ハム】斎藤佑樹が戦力外にならない理由「なぜ引退しないのか」

まとめ

日ハムのイケメンランキング1位は斎藤佑樹選手に決定しました。実力は「・・・」とコメントしづらいですが、イケメンということに関しては衰えていません。上沢選手のような若手が大活躍しているので、日ハムの投手力の向上は今後も続いていく可能性が高いと予想しています。

知名度の高いイケメン選手が多い日ハムは、今年どのような野球を見せてくれるのか。昨年は3位でしたし、今年も2位、3位のあたりをうろうろしているので、好調をキープしている。

イケメンチームで今年もクライマックスシーリーズに参加できる順位を保って欲しいですね!