【ソフトバンク】年俸ランキング2019

12球団の中でも選手層が厚いソフトバンクですが、選手達はどれくらい年俸をもらっているのか?この記事ではソフトバンクの選手の年俸をランキング形式で紹介しています。

ソフトバンク年俸ランキング2019「全選手トップ10」

1位 柳田悠岐

  • 年俸:5億7000万円
  • 主な成績(2018年):打率(.310) 本塁打(31) 打点(99)

2位 サファテ

  • 年俸:5億円(3年契約20億円)
  • 主な成績(2018年):1勝 5S

3位 デスパイネ

  • 年俸:4億円(5年契約3年目)
  • 主な成績(2018年):本塁打(29)打点(74)

3位 バンデンハーク

  • 年俸:4億円
  • 主な成績(2018年):10勝

3位 内川聖一

  • 年俸:4億円
  • 主な成績(2018年):打率(.242)

3位 松田宣浩

  • 年俸:4億円
  • 主な成績(2018年):本塁打(32)打点(82)

4位 森唯斗

  • 年俸:2億8000万円
  • 主な成績(2018年):37S

5位 今宮健太

  • 年俸:2億6000万円
  • 主な成績(2018年):本塁打(11)

6位 中村晃

  • 年俸:2億4000万円
  • 主な成績(2018年):打率(.292) 本塁打(14)安打数(148)

7位 千賀滉大

  • 年俸:1億6000万円
  • 主な成績(2018年):13勝

8位 グラシアル

  • 年俸:1億5000万円
  • 主な成績(2018年):本塁打(9)

8位 ミランダ

  • 年俸:1億5000万円
  • 主な成績(2018年):6勝 防御率(1.89)

9位 スチュワート・ジュニア

  • 年俸:1億1000万円
  • 主な成績(2018年):なし

10位 和田毅

  • 年俸:1億円
  • 主な成績(2018年):4勝

10位 明石健志

  • 年俸:1億円
  • 主な成績(2018年):45試合出場

10位 長谷川勇也

  • 年俸:1億円
  • 主な成績(2018年):本塁打(5)

ソフトバンクの選手層の厚さが年俸としても現れています。柳田選手に関しては5.7億円と球界トップクラスの年俸ですし、同率3位で4億円の年俸を貰っている選手が3人もいることにも驚き。千賀選手に関しては、下から這い上がってソフトバンクの年俸ランキング上位に食い込めるまで上り詰めましたし侍ジャパンの一員としても活躍。

ソフトバンクの年俸ランキングをザッと見るだけでも、素晴らしい成績を残している選手がたくさんいますし、スタメン漏れしている選手でさえも超一流選手が揃っている。この選手層の厚さはAクラスで当たり前のチームですね。

ソフトバンク投手年俸ランキング「トップ10」

  1. サファテ:5億円
  2. バンデンハーク:4億円
  3. 森唯斗:2億8000万円
  4. 千賀滉大:1億6000万円
  5. ミランダ:1億5000万円
  6. スチュワート・ジュニア:1億1000万円
  7. 和田毅:1億円
  8. 岩嵜翔:9500万円
  9. 東浜巨:8500万円
  10. 武田翔太:8500万円

完璧な投手陣

まず、ソフトバンクには森唯斗選手という中継ぎ、抑えのかなめが存在していることが非常に大きい。森唯斗選手がいるからこそ勝てる試合をきっちり勝つことができますし、先発が崩れた後で抑えることにより試合後半の反撃にも期待ができる。

昨年と今年に関しては抑えを森唯斗選手が任されており、ソフトバンクの守護神でもあるサファテ選手に関しては球速が上がらず2019年でい軍当番は一度もない状況になっています。それでもしっかりとチームとして機能する選手層の厚さがソフトバンクの強みでもありますし、1位をキープするところがすごい。

バンデンハーク選手も怪我で離脱している状況でもAクラス(しかも1位)に残っているところが恐ろしいチームだと感じさせられる。

ソフトバンク野手年俸ランキング「トップ10」

  1. 柳田悠岐:5億7000円
  2. デスパイネ:4億円
  3. 内川聖一:4億円
  4. 松田宣浩:4億円
  5. 今宮健太:2億6000円
  6. 中村晃:2億4000万円
  7. グラシアル:1億5000万円
  8. 明石健志:1億円
  9. 長谷川勇也:1億円
  10. 上林誠知:7500万円

オールスター並みの野手陣

年俸の金額だけを見ればオールスターに出場している選手と思うような選手がソフトバンクという1球団に揃っている。日本プロ野球界で有名な選手がゴロゴロいますし、その筆頭として柳田選手がいます。デスパイネ選手、内川背選手、松田選手、今宮選手、中村選手と今の日本球界で有名な選手がいますし、この選手達だけでも侍ジャパンを背負えるんじゃないのかと思えるくらいの選手層の厚さを誇っています。

しかも、気合の若手選手でもある上林選手もいますし、これからの選手にも期待できるところが恐ろしい。チームとして走攻守が揃っているバランスの良いチーム。パワーに偏っているだけではなく、内川選手、中村選手のような技巧派、今宮選手のような守備固め、松田選手、デスパイネ選手のパワータイプと、非常にバランスが良い。

どの選手が打席に立ってもソフトバンクのファンは安心して応援できますね。

年俸総額は1位

年ぽ総額は55.9億円で12球団中1位の金額。これだけの資金力がある球団は強くなっていくんだと思い知らされますね。しかし、お金で選手を柿生詰めるというよりも、育成した選手が育ち、それに見合った金額を年俸として与えているので、一昔前の巨人のようなお金で選手をかき集めるという手法ではないところはすごい。(外国人選手は獲得しています)

上林選手がもう一皮むけると柳田選手のような走攻守が揃ったトリプルスリーを狙える選手に育つかもという期待感もあるチーム。完成されていない選手達がどのような成長を遂げるのかも見ものですし、高額年俸選手の活躍にも期待です。

資金力と今後のソフトバンクを背負う若手にも期待できる球団ですので、今活躍している重鎮選手達が衰えたとしても強いチームを維持する可能性は高いでしょう。